大阪府-Global Website-
フォントサイズ小 フォントサイズ中 フォントサイズ大
大阪の概要 大阪の魅力 観光 ビジネス 教育 生活情報 緊急のとき
トップページ  >  実行委員会からのお知らせ  >  平成27年度外国人留学生対象有給インターンシップ事業における参加留学生及び企業の募集について
実行委員会からのお知らせ

記事一覧

平成27年度外国人留学生対象有給インターンシップ事業における参加留学生及び企業の募集について

大阪府国際化戦略実行委員会(公益財団法人大阪府国際交流財団と大阪府との共同設置)では、世界から優れた人材を呼び込み、大阪の国際競争力を強化するため「留学生就職支援事業」を実施しています。

 このたび、この事業の一環として、日本企業への就職を目指す外国人留学生を支援するため、一定の報酬を得て社員と同様の責任ある業務に従事する有給の企業インターンシップ事業を実施します。

 つきましては、このインターンシップ事業に参加する外国人留学生及びインターンシップ生受入企業の募集を下記のとおり行いますのでお知らせいたします。

1 対象者

【留学生】

 ・原則として、大阪府内に在住、または大阪府内の大学や専門学校等に在籍し、平成28年3月もしくは平成29年3月に卒業予定の外国人留学生※1

  また、インターンシップに参加するには、以下の条件を満たすことが必要です。

 (1) 本事業において就業前に実施する事前研修(ビジネスキャリア研修)の受講や企業における就業にあたり、支障が生じない程度の日本語能力(日本語能力試験N1レベル程度)を有すること。

 (2) 資格外活動許可を得ていること。もしくは、企業での就業開始までに、確実に許可を得られると見込まれること。

 (3)事前研修や報告会などの行事に全て参加できること。また、アンケート等必要な提出書類を全て提出できること。

 ※1大阪府外に在住かつ在学の外国人留学生がエントリーする場合、就業先は大阪府内に事業所のある企業に限られます。

【企業】

 ・原則として、大阪府内に事業所のある企業※2

  また、インターンシップ生の受入れにあたっては、以下についてご留意ください。

 (1) 原則として、大阪府内の事業所において平成27年11月上旬から平成28年2月中旬にかけて、80時間程度(少なくとも40時間程度)の就業機会を提供していただきます。

 (2) 留学生の就業は、「資格外活動許可」(1日8時間、週28時間以内)の範囲となります。また、学業や就職活動との両立にご配慮ください。

 (3) 就業期間終了後には、所定の様式に沿って外国人留学生に対する評価をお願いします。

  ※2大阪府内に事業所のない企業がエントリーする場合、マッチング対象となるのは大阪府内に在住または府内の大学や専門学校等に在籍する学生に限られます。

2 実施日程等

・実施日程:平成27年11月上旬から平成28年2月中旬 就業時間80時間程度

・場所:受入企業

・定員:留学生 20人程度(事前研修受講者を対象に、個別面接による選考を行います)

   企業  10社程度(1企業あたり1から3名の外国人留学生受け入れをお願いしています)

3 エントリー方法および受付期間

 「外国人留学生対象有給インターンシップHP」よりエントリーしてください。

 [留学生エントリー受付] 平成27年8月3日(月曜日)から平成27年9月15日(火曜日)まで

 [企業エントリー受付] 平成27年7月10日(金曜日)から平成27年9月30日(水曜日)まで

4 その他

 この事業では、インターンシップに向けた事前研修や、実施後のフォローも行います。

 詳しくは「外国人留学生対象有給インターンシップHP」をご覧ください。

5 申込みに関するお問い合わせ先

株式会社ナジック・アイ・サポート 担当:長谷川

  Tel: 06-4806-0551

  FAX: 06-4806-0550

  Mail: info-osk@nasic-is.co.jp

6 本事業に関するお問合せ先

 大阪府国際化戦略実行委員会事務局

 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号マイドームおおさか6階

 Tel: 06-6948-6781

 FAX: 06-6948-6795

 Mail: info@osakaglobal.jp

(リンク先)

外国人留学生対象有給インターンシップHP

 留学生募集ポスター(PDF

 受入企業募集パンフレット(PDF

▲ページのトップへ
大阪の概要 大阪の魅力 観光 ビジネス 教育 生活情報 緊急のとき 大阪府国際化戦略実行委員会について
(c)大阪府国際化戦略実行委員会 Osaka Prefectural Internationalization Strategy Executive Committee